小鼻 クレンジング

小鼻の黒ずみの原因

小鼻に汚れや皮脂などが残ってしまうと、時間とともに皮膚が酸化して、角柱が出来てしまいます。それが黒ずみの原因になっていることが多いです。また、メラニン生成が原因で黒ずんでしまうケースもあります。

皮膚の酸化が原因の場合は、きめ細やかな泡が作り出せる天然由来成分の石けんや洗顔料を使用すると、少しずつ改善できるようになってきます。

あるいは、インターネット上でも注目されているオロナインやニベアクリームなど、適度に油分のある商品を使ってパックし、角柱を柔らかくしてから洗顔するという方法も有効です。

メラニン生成の場合はお肌のターンオーバーを促進させることが重要なので、スクラブ洗顔料やピーリングジェルを試していただきたいです。

小鼻の角柱の正体は?

小鼻のぶつぶつに悩む人は多いと思います。毛穴に詰まった汚れを角柱と言いますが、これは一体何なのかご存知でしょうか。

角柱とは古い角質や皮脂などの汚れです。

また女性の場合メイクを落とし切れず残ったものが毛穴に詰まってしまうこともあります。そしてこれが時間と共に酸化していちご鼻と呼ばれる黒ずみになってしまうのです。

この黒ずみを何とかしようと毛穴パックをしたり手で押し出してみたりする人もいると思いますが、あまり刺激を与え過ぎると逆効果になることもあります。

毛穴のケアは週一度くらいを目安に日頃からメイク落としや洗顔、化粧水などのスキンケアをしっかりして、脂っぽいものを食べ過ぎないように生活習慣を見直すことも大切です。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

小鼻の黒ずみを改善するためにさまざまなケアを行っている人もいますが、そのケアの中には少なからず間違ったものがあるのが事実です。

ではどういった対処法が間違ったものになるのかというと、その筆頭となるのが毛穴パックです。

確かに毛穴パックを使うと毛穴に入り込んでいる角柱をまとめて取ることが出来ますから、一時的には綺麗な状態になります。 しかしこれを何度も繰り返すと毛穴の形状が開いたままになり、開いた毛穴にまた汚れが詰まって頑固な黒ずみになることがあるのです。

また雑なピーリングや、毛穴から角柱を押し出すようにするというのも間違ったケアです。これは肌を傷めてしまって回復を遅くしてしまうため、小鼻の黒ずみが悪化しやすい肌になってしまいます。

その他メイク落としをしっかり洗い落とさなかった場合にも汚れとして毛穴に溜まってしまうことがありますから、こういった間違ったケアをしないようにしっかり注意しましょう。

小鼻の黒ずみを取る方法

なかなか治らない小鼻の黒ずみを「いちご鼻」とも呼びます。 改善が難しい黒ずみで、これは毛穴がカチカチに硬くなっているためです。

この硬くなった毛穴を柔らかくして黒ずみを改善していくためには、肌のターンオーバーを正常化させる必要があります。

正常化させるためには、自分の肌にあったクレンジング剤を利用したり、優しい洗顔やしっかりした保湿などの正しいスキンケアと規則正しい生活、十分な睡眠をとるようにする、栄養バランスの整った食事をしていくことなどが大事です。

また、鼻を触ると肌の負担になってしまうため鼻を触らないようにして負担にならないようにします。

すぐに改善できるわけではないため、毎日継続して行っていくことが大切です。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

最近、女性の間で話題となっているのが、綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法です。

女性の悩みのひとつに、イチゴ鼻があります。

イチゴ鼻とは、古い角質が詰まって、ブツブツが目立つ状態の鼻です。間違ったケアをすると、さらに状態が悪化するので注意が必要です。

オイルを使うと、毛穴の汚れが取れることはよく知られています。オイルをなじませると、毛穴に詰まっている皮脂や汚れが反応し、毛穴の外へと溶け出してきます。

特にオリーブオイルや椿油など人間の皮脂に近いものが効果的です。植物性の品質の良いオイルは、肌に対する負担が少なく、美容効果が高いのも魅力です。

綿棒を使うと、小鼻の細かい部分にも届き、きれいに汚れを取り除くことができるので、とても便利です。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の黒ずみの対処法として、オロナインで鼻のパックを行うオロナインパックが有効であると注目されています。

そしてハンドクリームでもおなじみのニベアにも黒ずみ対策に効果があると言われています。さらに美肌効果も同時に得られるということで人気を集めています。

オロナインパックのやり方としては、オロナインを鼻に塗り15分ほど放置して洗顔するというものです。ニベアも同じように鼻に塗り、ラップをしてそのままお風呂に浸かって汗をかきます。最後に洗顔をすれば終了です。この方法で両方とも汚れをごっそりと取ることができます。

しかしアフターケアも十分に行う必要があります。氷でしっかりと毛穴を引き締め、タオルで水分を拭き取ります。その後、美容液などでしっかりと肌を整えましょう。

いちご鼻ってなに?

鼻の毛穴に古い角質が詰まってしまったまま酸化し、まるでいちごの種のように見受けられる様子をいちご鼻と呼びます。

顔の中でも特に皮脂の分泌量が多い上に角柱が蓄積しやすいという特性を持っているので綺麗にしたいがために誤った方法を続けてしまう方も大勢居ます。

そこで、まずは冷静に正しいケア方法を知る事から始めていきましょう。

特に多く見受けられるのは、女性が毎日欠かさず行うメイクの油分をしっかりと落としきらずに洗顔を終えてしまうという事です。

凸凹は一般的に考えられているよりも深いものなので、毎回確実にメイクの油分を取り除いてあげなければ蓄積してしまう一方ですし、古い角質と合わさってぶつぶつがより一層酷いものになります。

いちご鼻の治し方

いちご鼻の原因は、角柱などの詰まりや詰まった角栓の酸化による黒ずみ、メイクの残り、毛穴の開きなどが考えられます。 過剰な古い角質などが混ざって角栓となります。これは間違った洗顔などが原因となり、少しずつたまっていってしまいます。

また、紫外線を浴びることでメラニンが増殖し、黒ずみの原因ともなってしまいますし、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌する原因にもなります。

そのほかにも、きちんと洗顔を行っても、メイクが残ってしまい蓄積されていちご鼻へとつながってしまいますから、Tゾーンなどの脂分の分泌が多いところは、特に念入りにメイクを落とし、たっぷりの泡でやさしく汚れを洗い落とすことで、ターンオーバーを正常化することができ、メラニン対策を行うこともできます。

正しい角柱ケアによって、インナードライも解消し、いちご鼻も改善させることができますから、正しいスキンケアを行い、保湿もしっかりと行うことが大事です。

いちご鼻がなかなか治らない原因

いわゆるいちご鼻がなかなか治らない原因についてですが、これは毛穴の開きが関係しています。古い角質が角柱になったり、皮脂・埃や老廃物などが毛穴に溜まった結果、酸化した皮脂など固まることで毛穴が開いてしまいます。

さらに食生活や生活習慣が乱れることによっても毛穴の開きが乱れます。

ターンオーバーを行うのは通常28日周期といわれていますが、乱れてしまったターンオーバーを正常化させるには、食生活や生活習慣の改善はもちろん過剰な洗顔ケアなども行っていく必要があります。

ただ、いちご鼻になっても正しいケアを行っていけば、治るのに時間がかかるとはいわれていますが一生治らないというわけではありません。ある程度根気よく、なおかつ正しいケアを常に行うようにしましょう。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

毛穴の悩みは女性だけでなく、男性にも多くあります。なぜなら、女性よりも男性ホルモンの関係で皮脂分泌が過剰なので、毛穴の皮脂詰まりが多くなるからです。

毛穴に皮脂が詰まってしまうと、黒ずみになります。男性でも洗顔をする人は多いですが、化粧水などのスキンケアまで行う人はまだ少数です。

毛穴が開いて汚れや皮脂がたまっていくとどんどん悪化してしまいます。

洗顔後のスキンケアをするとうるおいが補給されて毛穴が引き締まっていきます。また、紫外線対策をしないことで、メラニンが増えて、黒ずみが悪化してしまうことがあります。

日傘は抵抗がある人でも、日焼け止めなら顔色が変わらず、ナチュラルな仕上がりなのに紫外線対策が行えます。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻の黒ずみに悩む方はたくさんいらっしゃいますが、正しいクレンジングを行っている方はそれほど多くありません。

鼻の黒ずみを改善するためには、正しくクレンジングすることが欠かせませんので、ぜひ取り組んでいただきたいです。

毛穴に詰まっている汚れや皮脂が酸化してしまうと黒ずみになってしまうのですが、角柱ケアできるようなきめ細かい泡が作れる石けんか、洗顔料を使うようにすることが大切です。

もちろん、自分のお肌に合うかどうかも重要ですので、オイリー肌の方はさっぱりめの商品、乾燥肌の方は保湿力の高い商品をチョイスしてみてください。

そして、きめ細かい泡を作ったら、その泡で鼻の黒ずみの部分を優しく洗います。それを毎日続けていきますと、角柱ケアできるのでおすすめです。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

小鼻の黒いぷつぷつの正体は、皮脂と汚れが混じって酸化した角栓で、毛穴に難く詰まっているため、軽く洗顔しただけでは、取れにくく、だんだん黒ずみが大きくなって、目立ちやすくなる場合があります。

正しいクレンジング方法は、洗顔前に、まず手を洗うことで、清潔な手でクレンジングをすることが、新しい汚れを皮脂と混ぜてしまわないためのポイントです。

くるくると、優しくマッサージするようにクレンジングをなじませて、汚れを緩めたら、人肌程度のお湯をたっぷり使って、洗い流しましょう。洗顔時間が長すぎると、浮いた汚れが肌に再びついてしまったり、肌を傷めたりして逆効果になるため、2分以内を目安にして、毎日根気よく行うことがおすすめです。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

クレンジング後にできる鼻の黒ずみ対策としては、まず洗顔後にはすぐに化粧水をつけることです。

洗顔直後の肌は皮膚を覆う皮脂が取れて乾燥している状態なので、できる限り素早く保湿することが大切です。この時角質にダメージを与えないために、化粧水はパッティングしないで優しく肌に押し付けるようにします。

また、冷水パッティングで肌を引き締めようとする人がいますが、冷水パッティングはしない方がお肌のためになります。

冷水では一時的に毛穴が締まるだけですぐに元に戻ってしまいますし、それどころかせっかくの化粧水が浸透しにくくなりスキンケアの効果を下げてしまう恐れもあるからです。

冷水はパッティングするのではなく肌を擦らないようにパシャパシャと顔にかけ、清潔なタオルを優しく押し付けて水気を取ってから化粧水を使う方が効果的です。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

肌の状態は、毎日変わると言われており、食生活の影響を大きく受けることが知られています。

脂っこい食べ物が好きな人は、皮脂が出やすいので、顔のてかりが出やすいと言われています。鼻の黒ずみは、皮脂と汚れが混じって酸化したものなので、黒ずみが気になる人は、食生活を見直すとよいでしょう。

食べ物をよく噛むことで、唾液と良くまじりあい、分解されやすくなるため、一口当たり30回以上噛むことは、とても簡単ですぐに取り組むことができる方法です。

酸化力が高く、酸化の原因になる活性酸素を除去するために、抗酸化作用がある水素水を飲んだり、ポリフェノールを豊富に含む食べ物や飲み物を選ぶこともおすすめです。外食は脂っこい食べ物やアルコールが進むので、控えるように心がけましょう。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

どんなに、メイクやクレンジング、スキンケアを徹底していても肌は生きている限り日々外的刺激から身を守ってくれています。

そんなお肌を労るために特別なスペシャルケアをする必要はありません。日々、意識して気を付けたい5つの注意事項があります。

まずはタバコはお肌の為にというよりも、女性として早いうちに辞めておくべき事はお分かりいただけるかと思います。

またタバコと同じように出てくるのが飲酒です。こちらは一口も飲むなというわけではなく、過度な摂取は控えるようにしましょう。

またゴールデンタイムと呼ばれるように夜は早めの就寝を心掛け睡眠時間は確保しましょう。

そして適度な運動を取り入れ、ストレスフリーな生活をしていれば自然とお肌にも良い栄養が届くはずです。

↑ PAGE TOP